シネマラビット

ネタバレなしの映画レビュー。他に本や展覧会などの感想

主に映画の感想。他に本やドラマなど色々な鑑賞記録。
劇場鑑賞はだいたい週に1本。
ネタバレはありません。
★は個人的な好み。☆は★の半分(★★☆は2つ半)
★★★★★=最高 ★★★=良かった ★=残念

「3月のライオン 前編」4

★★★★
製作年 2017年
製作国 日本
時間  138分
公開日 2017年3月18日
監督  大友啓史
原作  羽海野チカ
出演  神木隆之介 有村架純 倉科カナ
    染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介
    加瀬亮 前田吟 高橋一生 
    伊藤英明 豊川悦司

 羽海野チカの人気漫画が原作。2部作の前編。
孤独な人生の中で将棋に打ち込む17歳のプロ棋士は下町のある3姉妹と出会います。

原作は途中まで読んだ状態で観ましたが、この前編を観た印象はまるで原作のイメージそのまま。さらに対局のシーンは実写版ならではの臨場感がものすごく良く出ていて手に汗握りました。(「ちはやふる」もこんな感じで実写化されていたらさらに良かったのに…なんて思ったり)

ストーリーはさすがにすべてそのままではないので、思い入れのある原作ファンの方はどう思うか分かりませんが、私は映画として、とてもよく表現されていると思いました。将棋少年のこれまでの人生も苦悩も伝わってきたし、将棋の中継って一度もちゃんと見たことないのですが、どれだけの真剣勝負かというのが分かって興味を持ちました。

神木隆之介くんは地味ですが華がある、不思議な俳優さんですね。今までもいろいろ観てきましたが、今回改めていい俳優さんだと思いました。
映画の題材自体も地味ですが、後からじわじわ来る良さがあります。後編も楽しみにしたいです。


映画『3月のライオン』オリジナルサウンドトラック
音楽:菅野祐悟
ビクターエンタテインメント
2017-03-08



 

真央ちゃんの「THE ICE 2016」を振り返る

引退会見した真央ちゃんが、
次は夏のザ・アイスをがんばりますとお話ししてましたね。

昨年の夏に北九州に観に行った「THE ICE 2016」は
真央ちゃんの魅力が満載で素晴らしいショーでした。
(今頃ですが書いてなかったので)
備忘録を残しておきたいと思います。


この日の福岡は40度近いくらいのものすごい暑さでした。
会場に着けば涼しいのかと思いきや中も暑い!
こちらではアイスショー初開催ということですが、
いかにも特設会場というリンクで、客席もパイプ椅子です。
氷も解けかけているのが見えました。ここで大丈夫…?

CM160811-153036001
(始まる前の会場の最後列通路から撮影)

最初は心配したのですが、良かったのは会場が狭い分
リンクがとても近くものすごく身近に選手を感じられたこと。
会場のアットホームな雰囲気も良かったです。

「THE ICE」は真央ちゃんが主役のアイスショーなのですが
間近に観る真央ちゃんは本当にリンクにお花が咲いてるようで、かわいくて。
汗だくで観ている私との対比がすごい。
もう爽やかで眩しくて、妖精としか思えませんでしたよ。
今までにもアイスショーは何度も観に行っていますが
この時が一番近くて嬉しかったです。

他の選手は1,2曲ずつですが、
ザ・アイスでは真央ちゃんは何曲も演じます。
真央ちゃんファンには「ザ・アイス」は他のアイスショーより断然価値がありますね。
これだけやり抜く体力もすごいと思います。

(記憶が確かならば)真央ちゃんの登場は、
まずオープニング。そしてジュピター、
特別ゲスト伊藤みどりさんと舞ちゃんとのトークショー30分くらい、
姉妹でのペアプログラムで3曲、
今季エキシビジョンのチェロスイーツ、
ジェフリーバトルとペアでボレロ・・・かな。

被災地熊本へ心のこもったジュピターにジーンとし、
チェロスイーツは曲も衣装も美しくて見入りました。
舞ちゃんとのプログラムは華やかで皆を笑顔にしたし、
ジェフリーバトルとの「ボレロ」にはみんな酔いしれました。

この頃も万全ではなかったかと思いますが
最初から最後まで手を抜かない素晴らしい演技。
真央ちゃんの魅力満載でした。

座ってるだけでも汗が出たので選手の皆さん大変だったと思います。
でも素晴らしいアイスショーでした。良い思い出です。


選手として引退した真央ちゃんですが
人を感動させる演技には点数も順位も付けられません。
むしろプロになって益々魅力を増す部分もあると思います。
だからこれからも目が離せません。


真央ちゃんのプロとしての活動を楽しみに応援していきたいです。


2016/8/11(木・祝)
西日本総合展示場新館 特設アイスアリーナ (福岡県)
[出演]浅田真央 / 宮原知子 / 村上佳菜子 / 浅田舞 / 宇野昌磨 / 無良崇人 / ジョアニー・ロシェット / カロリーナ・コストナー / 長洲未来 / ジェフリー・バトル / パトリック・チャン / 他
 

「人生スイッチ」3

(自宅で鑑賞)
★★★☆
原題  WILD TALES
製作年 2014年
製作国 アルゼンチン=スペイン
時間  122分
公開日 2015年7月25日
監督  ダミアン・ジフロン
出演  リカルド・ダリン リタ・コルテセ

ふとしたことがきっかけで(不幸の?)人生スイッチが入ってしまった人々を描いた6話からなるオムニバスコメディ。

アルゼンチンで歴代NO.1のヒット作だそうですが、え?これが?とびっくりしてしまうような、良くも悪くも普通じゃない映画でした。コメディとは言っても声を出して笑うような内容ではなく、笑っていいのかどうか困ってしまうようなブラックな笑いですね。とにかく皆大変な目にあっていて気の毒でしたから。それが突き抜けてるから面白いのでしょうけど、それにしてもね~!でも普段頭に血が上りやすい人にはいい教訓になるかもしれませんよ。
で、なんだかんだ言って この映画私は嫌いじゃなかったです。嫌悪感を感じる人もいそうですが、ちょっと変わった映画が観たい方におすすめです。


人生スイッチ [DVD]
ダリオ・グランディネッティ
ギャガ
2016-12-23

 

「SING/シング」5

★★★★☆
原題  SING
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  108分
公開日 2017年3月17日
監督  ガース・ジェニングス
    クリストフ・“ゼベ”・ロードゥレ
脚本  ガース・ジェニングス
声優  マシュー・マコノヒー リース・ウィザースプーン
    セス・マクファーレン スカーレット・ヨハンソン
吹替  内村光良 MISIA 長澤まさみ
    大橋卓弥 斎藤司 山寺宏一


劇場で開催される歌唱コンテストに出場する動物たちのミュージカルアニメ。

本当は字幕派なのですが、時間が合わずにしょうがなく吹替版を鑑賞。そしたらこれが大当たりでした。いつも私が一番嫌なのは声を聴いて俳優さんの顔が浮かんで来ることなのですが、それが今回は全くなかった。皆さんセリフも歌も上手くて素晴らしかったです。今までに観たアニメの吹替えで一番声にハマったといっても良いくらい。MISIAさん、大橋さんは歌は最高だしセリフも上手。長澤さんの歌唱力にはびっくり。ウッチャン、斎藤さんは最後まで誰の声か気づかないくらい自然でした。

この映画の魅力は何と言っても歌。ストーリーはそんなに捻った話でもなく、最初から最後までたくさんの歌声を聴くことが出来てとにかく楽しかったです♪ 劇場の大音響で観るミュージカルはやっぱり感動しますね。観終わって3日後の今日、もう一度曲が聴きたくてしょうがないです。

吹替え版が良かった分、オリジナルの方の歌声も気になるので、そちらも今後観たいと思いました。続編は2020年公開予定だそうで、まだ先の話ですがそちらも楽しみにしたいと思います。

シング-オリジナル・サウンドトラック
サントラ
Universal Music =music=
2017-03-15

 

本「火花」

火花
又吉 直樹
文藝春秋
2015-03-11





売れない芸人の先輩後輩の生き様を描く、芥川賞受賞作。

 話題になった頃に図書館で予約して、忘れた頃に順番が回ってきました。順番待ち2000人くらいだったと思います。長く待った割には、読むのに2時間半くらいしかかかりませんでした。もう先に読んだ人の感想を賛否両論いろいろ聞いた後なので期待半分、疑い半分でしたが、私は面白かったです。

思考とか表現の仕方が独特で、本から又吉さんが飛び出してきそうなくらい又吉さんらしさを感じました。以前読んだエッセイともそんなに文体は変わらないので、まるで本人が実話を語ってるかのように錯覚してしまいます。自然と二人が会話してる姿が目に浮かんで来るんですよね。私がイメージしたのは後輩徳永は又吉さん、先輩神谷は千鳥の大悟さんです。実際は誰がモデルなのか気になりますね。

芸人さんにしか書けないような小説。そういうところが面白かったです。でもこういうくだけた作品でも芥川賞を受賞できるんだなというのは意外ですね。あまり芥川賞作家っぽくならずに、次回作もちょっと変な作品を自由に書いて欲しいなと個人的には思います。 
 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
うさぎと暮らしてます ❤ mao: male, 1 years old Netherlands Dwarf rabbit.
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村


映画ログ(これまで観た映画)
映画ログ・ナオミのラック
広告
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
画像の著作権について
このブログでは映画や本の画像の著作権を侵害しないため、すべてAmazonリンクを通して画像をお借りしています。
  • ライブドアブログ