シネマラビット

ネタバレなしの映画レビュー。他に本や展覧会などの感想

主に映画の感想。他に本やドラマなど色々な鑑賞記録。
劇場鑑賞はだいたい週に1本。
ネタバレはありません。
★は個人的な好み。☆は★の半分(★★☆は2つ半)
★★★★★=最高 ★★★=良かった ★=残念

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」5

★★★★☆
原題  ROGUE ONE: A STAR WARS STORY
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  134分
公開日 2016年12月16日
監督  ギャレス・エドワーズ
出演  フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ ドニー・イェン
    ベン・メンデルソーン マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック フォレスト・ウィテカー
    チアン・ウェン リズ・アーメッド
声優  ジェームズ・アール・ジョーンズ


「スターウォーズ」シリーズのスピンオフ作品。
時系列でいうと1作目の「エピソード4/新たなる希望」の前のサイドストーリーです。

スターウォーズシリーズは大好きですが、今作はスピンオフということであまり期待していませんでした。ところが期待以上に良くて、メインストーリーに負けないくらい面白かったです。最初は敵味方や話の流れがよく分からず(毎回そうなる)少々混乱しましたが、仲間が揃っていくに連れどんどん引き込まれていきました。
欲をいえばヨーダくらい出てくれたら嬉しかったのですけどね。それでも地味ながら魅力的なキャストだと思います。登場人物はフォースもなく特別な才能を持っているようなヒーローではありませんでしたが、だからこそ命がけで戦う姿は心を打たれるものがあったのかもしれません。この続編がないということが寂しい。




 

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」5

★★★★☆
原題  FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  133分
公開日 2016年11月23日
監督  デヴィッド・イェーツ
脚本  J.K.ローリング
出演  エディ・レッドメイン
    キャサリン・ウォーターストン
    ダン・フォグラー アリソン・スドル
    コリン・ファレル エズラ・ミラー

ハリー・ポッター原作者が脚本を手掛けたファンタジー。舞台はハリーポッターの始まる70年前のニューヨーク。魔法動物学者のトランクから魔法動物が逃げ出したことから騒動が始まります。

「ハリー・ポッター」シリーズは大好きで、原作も映画も全て観ています。終わってしまってから寂しくて、新しいファンタジー大作の登場をずっと待ってました!また観ることが出来て本当に嬉しいです。
残念ながら今作はハリー・ポッターとは全く別のお話しなのですが、世界観はやはり同じ。ファンタジーの楽しさがいっぱい詰まっていて楽しかったです。ダンブルドアとか、ホグワーツとか、ちょこっと名前が出た時はワクワクしました。
登場人物はちょっと地味な印象。でもマグルのおじさんなかなかいい味出してましたね。そして魔法動物(ビースト)たちが個性的でかわいかったのが良かったです。(私も魔法動物学者になりたい~)

ストーリーは一応ちゃんと今作のみで完結してました。
続編は2018年。5部作の予定だそうなので、今後も楽しみにしたいと思います!





『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』魔法映画への旅
マーク ソールズベリー
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2016-11-22




 

「インフェルノ」4

★★★★
原題  INFERNO
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  121分
公開日 2016年10月28日
監督  ロン・ハワード
原作  ダン・ブラウン
脚本  デヴィッド・コープ
出演  トム・ハンクス フェリシティ・ジョーンズ
    イルファン・カーン ベン・フォスター
    オマール・シー シセ・バベット・クヌッセン
    アナ・ウラル

ダン・ブラウンの原作を基にしたシリーズの第3弾。
ラングドン教授が、ダンテの「神曲 地獄篇」に絡んだ犯人の陰謀と戦います。

少し前に原作の「インフェルノ」とダンテの「神曲 地獄篇」を読み、映画の公開を楽しみに待っていました。
このダン・ブラウン原作のシリーズに関しては、原作だけ読むとどうしても美術品や建築物などの映像が見たくなり、映画だけ観ると情報がかなり足りないと感じます。なので、必ず原作を先に読んで映画を観ることにしています。
今回も原作でイメージ出来ていなかった部分が映像で観れたのがとても良かったです。映画の方が展開が早く、退屈することもなかったですし。ただ前2作に比べると歴史的な謎解きの楽しさが半減している点は残念かな。

今回映画と原作では違う部分がたくさんありました。特に犯人の考え方やラスト、決定的な部分が大きく異なっていましたよ。気になる方は原作も読んでみることをお勧めします。



 

「スター・トレック BEYOND」

★★★☆
原題  STAR TREK BEYOND
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  123分
公開日 2016年10月21日
監督  ジャスティン・リン
出演  クリス・パイン ザカリー・クイント
    カール・アーバン ゾーイ・サルダナ
    サイモン・ペッグ アントン・イェルチン
 
スタートレック新シリーズの3作目。
カーク船長率いるエンタープライズ号が未知の惑星で敵と戦うSFアクション。

長く続いているシリーズですが、これまでは見たり見なかったり。正直言って深い部分はあまり把握出来ていませんでした。
新シリーズになってから分かりやすくなって、やっとちゃんと理解出来てる気がします。テンポも良いし、今のカークとスポックも明るくて好き。スタートレックが好きになってきました。
その分古くからのファンの方にはどうなのかな?映像やアクションが楽しめる分、ストーリーはちょっと単純になってしまったというか、突っ込みどころも多いかも。難しいことは抜きにして楽しみたいと思っていた私には良かったです。


スター・トレック BEYOND オリジナル・サウンドトラック
マイケル・ジアッキーノ
ユニバーサル ミュージック
2016-10-19


「SCOOP!」3

★★★
製作年 2016年
製作国 日本
時間  120分
公開日 2016年10月1日
監督  大根仁
脚本  大根仁
出演  福山雅治 二階堂ふみ
    吉田羊 リリー・フランキー

写真週刊誌に所属する中年パパラッチのカメラマンが福山雅治。
新人記者とタッグを組み仕事をしていきます。

福山さんがまさかの汚れ役なのですが、下ネタ言っててもチャラくてもそんなに違和感はなく自然でした。ダメな役でもやっぱりかっこいいですね。
映画の内容は、雰囲気はあるし、テンポも良いし、みんな役にはまってて、悪くなかったです。

ただ、肝心なものが欠けてる感じがしました。主人公が過去に何があって、仕事をどう捉えているのかよく分からない。週刊誌がスクープで伝えたいものは何でしょう。私が写真週刊誌に興味がないからか、なかなか感情移入出来ませんでした。

まぁそういうことを考えずに軽い娯楽作として観るならいいかなとは思います。


『SCOOP!』オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル ミュージック
2016-09-28


livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
うさぎと暮らしてます ❤ mao: male, 1 years old Netherlands Dwarf rabbit.
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村


映画ログ(これまで観た映画)
映画ログ・ナオミのラック
記事検索
画像の著作権について
このブログでは映画や本の画像の著作権を侵害しないため、すべてAmazonリンクを通して画像をお借りしています。
Amazonライブリンク
スポンサーリンク