シネマラビット

ネタバレなしの映画レビュー。他に本や展覧会などの感想

主に映画の感想。他に本やドラマなど色々な鑑賞記録。
劇場鑑賞はだいたい週に1本。
ネタバレはありません。
★は個人的な好み。☆は★の半分(★★☆は2つ半)
★★★★★=最高 ★★★=良かった ★=残念

「ジャングルブック」4

★★★★
原題  THE JUNGLE BOOK
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  106分
公開日 2016年8月11日
監督  ジョン・ファヴロー
出演  ニール・セディ
声優  ベン・キングズレー ビル・マーレイ
    クリストファー・ウォーケン
    スカーレット・ヨハンソン
吹替  松本幸四郎 西田敏行
    宮沢りえ 伊勢谷友介


親とはぐれジャングルで動物たちに育てられた少年が主人公。
ある日人間は出ていけとトラに言われて、狼の家族の元を去ります・・・。 

どうやって撮影したんだろうと思いながら観て、観終わってから少年以外全編CGと聞いて驚きました。動物たちもジャングルも全部なんて信じられません。奥行とか光とか、何より動物の動きとか、映像技術が本当にすごいですね。個人的な好みでいうと多少完成度は低くても実写を使ってる方が好きなのですが、ここまで徹底してると見事だと思いました。
正直言ってストーリーには特に感動はなかったのですけどね。とにかくジャングルを駆け回る映像がとても楽しかったです。
こんな風に動物たちと戯れて会話しながら暮らすのはみんなの(私だけ?)夢ですよね~。



 

ジブリ展

先日六本木ヒルズのジブリ展に行ってきました。
ジブリ人気やっぱりすごいですね~。とにかく人が多かったです。暑い日だったので、入場まで並んでいる間にもう滝汗!
手書きの資料とか絵コンテとか、近づいて見たいものがいっぱいあったんですが、、前に進んでくださいって係りの方が言い続けているのでなかなか立ち止まることも出来ず。
ジブリは大好きで劇場公開作はすべて観ているのでとても楽しみにしていたのですが、ちょっと不完全燃焼になってしまいました

 20160910-a

↑ 写真OKの場所。

ここは広いスペースがあって解放感がありました。
これこの後どうするのでしょう。
この空間を片付けてしまうのはもったいないですね。

20160910-b

↑ ねこバスの乗車&写真撮影に並びました。
でもわたし仕事帰りに一人で行ったので、写真はこの一枚だけ。

20160910-c
 
↑ 外の景色です。
会場は52階だったのでこの展望が込みなら1800円の入場料も高くないですね。

20160910-d

↑ 出口のところにトトロがいました。

よく見れなかったので展示内容の感想があまりなくてすみません。
9月17日公開予定の「レッドタートル」の絵が展示してあってとてもきれいだったので、観に行くのが楽しみです。
 

「ペット」4

★★★☆
原題  THE SECRET LIFE OF PETS
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  91分
公開日 2016年8月11日
監督  クリス・ルノー ヤーロウ・チェイニー
声優  ルイス C.K エリック・ストーンストリート
    ケヴィン・ハート ジェニー・スレイト
吹替  設楽統 日村勇紀 
    佐藤栞里 宮野真守 梶裕貴 
    沢城みゆき 中尾隆聖 銀河万丈 
    山寺宏一 永作博美
 

留守中のペットたちを描いた「ミニオンズ」スタッフ製作のアニメ。 
一緒に暮らし始めた二匹の犬は街で迷子になってしまい、冒険することになります。

「トイ・ストーリー」とちょっとかぶる設定ですが、「トイ・ストーリー」ほどにはストーリーに工夫がないかもしれません。それでもペットたちのモフモフ感やしぐさなどはすごく可愛くて癒やされました。
特に悪役になってしまったうさぎのスノーボールがいいキャラでしたね。すっごく悪い表情をしてるのですが、それが可愛くて。大きな動物より強いのも、うさぎ好きには頼もしかったです。

ファミリー向けに全編ユーモラスに描いていますが、実は中身はブラックな面もありました。人間を殺したいほど憎んでる捨てられたペットたちのことは笑い飛ばすわけにはいきません。この映画を観た子供さんたちが、そういうところを理解してくれたらいいなと思います。


The Secret Life of Pets: The Junior Novelization
David Lewman
Random House Books for Young Readers
2016-07-12






 

「ロスト・バケーション」4

★★★★
原題  THE SHALLOWS
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  90分
公開日 2016年7月23日
監督  ジャウマ・コレット=セラ
脚本  アンソニー・ジャスウィンスキー
撮影  フラヴィオ・ラビアノ
音楽  マルコ・ベルトラミ
出演  ブレイク・ライヴリー


秘境のビーチで一人サーフィンをしていた女性がサメに襲われるパニックムービーです。

サメに狙われながらなんとか身を守ろうとするヒロインをひたすら描いているという、いたってシンプルな内容。
シンプルだからこそ、余計な説明などが何もなく、単純に頭空っぽで楽しめました。
逆に真剣に見過ぎると、突っ込みどころが色々あると思います。 必要な説明もないですからね。
でもヒロインもきれいだし、海もきれいだし、夏にちょっとハラハラしたい方にぴったりだと思います。

個人的には脇役のかもめが好きでしたね。
それからサメはこういう行動をとるものか疑問ですが、そこは突っ込まないことにしましょう。




「シン・ゴジラ」2

★★
製作年 2016年
製作国 日本
時間  120分
公開日 2016年7月29日
監督  庵野秀明  樋口真嗣 
脚本  庵野秀明 
出演  長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ


『エヴァンゲリオン』の庵野秀明と『進撃の巨人』の樋口真嗣が総監督と監督。
日本発のゴジラとしては初めてのフルCG。

前情報は何もなく公開後すぐ観に行きました。
見始めてすぐに「あれ?これゴジラ?まるでエヴァンゲリオン?」思いました。
鑑賞後に監督の名前を見て納得。エヴァンゲリオン感が凄かったですね。
内容は“現代の日本にゴジラが出現したらどうなるかのシミュレーション映像”という感じでした。
ゴジラが主役というよりは日本政府の対応がメインで、これはこれでリアリティがあって面白いのかもしれません。
でも会議室の会話ばかりが続くとちょっと退屈・・・。
私の場合は求めていたものと違い過ぎてここ数年で一番眠くなってしまいました。
他の方のレビューを見るとハマった方には傑作なのかもしれません。
ちょっと私の好みではなかったかなぁ。。

シン・ゴジラ音楽集
鷺巣詩郎
キングレコード
2016-07-30

 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
うさぎと暮らしてます ❤ mao: male, 1 years old Netherlands Dwarf rabbit.
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村


映画ログ(これまで観た映画)
映画ログ・ナオミのラック
広告
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
画像の著作権について
このブログでは映画や本の画像の著作権を侵害しないため、すべてAmazonリンクを通して画像をお借りしています。
  • ライブドアブログ