シネマラビット

ネタバレなしの映画レビュー。他に本や展覧会などの感想

主に映画の感想。他に本やドラマなど色々な鑑賞記録。
劇場鑑賞はだいたい週に1本。
ネタバレはありません。
★は個人的な好み。☆は★の半分(★★☆は2つ半)
★★★★★=最高 ★★★=良かった ★=残念

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」3

★★★☆
原題  ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  113分
公開日 2016年7月1日
監督  ジェームズ・ボビン
脚本  リンダ・ウールヴァートン
出演  ジョニー・デップ アン・ハサウェイ
    ミア・ワシコウスカ リス・エヴァンス
    ヘレナ・ボナム=カーター
    サシャ・バロン・コーエン
吹替  深田恭子 滝藤賢一


2010年公開のティム・バートン監督作「アリス・イン・ワンダーランド」の続編。
アリスがマッド・ハッターのために過去を変えようと時間の旅に出るファンタジー。

アリスといっても、原作のアリスとは全く世界観が違う気がします。今回は原作にない話というのもあって、まさに映画用という感じでした。起承転結のある良い話になってたので、不思議感、へんてこ感があまりなく、アリスっぽさにちょっと欠けてましたね。ロボットとかマシーンなど機械的な感じも少々違和感ありました。
ただ別物とわりきって観れば、楽しめる作品だと思います。
毒がない温かい話なので家族で観れますしね。とてもカラフルで綺麗な映像は眺めてるだけでもファンタジー感満載。景色やファッションなど細部までよく出来ていてアートとしても見どころがありました。





 

「疑惑のチャンピオン」4

★★★★
原題  THE PROGRAM
製作年 2015年
製作国 イギリス
時間  103分
公開日 2016年7月2日
監督  スティーブン・フリアーズ
脚本  ジョン・ホッジ
出演  ベン・フォスター クリス・オダウド
    ギョーム・カネ リー・ペイス
    ドゥニ・メノーシェ エドワード・ホッグ
    ダスティン・ホフマン エレイン・キャシディ

ガンを克服しツール・ド・フランスで2005年まで7連覇達成した世界的に有名なアスリート、ランス・アームストロングのドーピング疑惑を追及していく実話。

以前たまたまテレビでツールドフランスでランスを観た時、「見て!この人すごいね?周りの人ヘトヘトなのに、全然疲れてない・・・?!」みたいなことを言った自分を覚えています。その後、ドーピング疑惑のことは、この映画を観るまで知りませんでした。
日本ではあまり話題になりませんが、ドーピングの問題は根が深いですね。個人的な問題かと思いきや、そうでもないようで。勝ちたい人、与える人、疑う人、かばう人、告白する人、失望する人、様々な人が様々な形で関係してきます。
地味な映画かなと思いましたが、興味深かったし面白かったです。
主演のベン・フォスターはあまり記憶にない俳優さんでしたが、とても良い演技でした。
スポーツ観戦が好きな方におすすめです。





ランス・アームストロング ツール・ド・フランス7冠の真実 [DVD]
ランス・アームストロング
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2016-05-25

 

「64-ロクヨン- 後編」3

★★★
製作年 2016年
製作国 日本
時間  119分
公開日 2016年6月11日
監督  瀬々敬久
原作  横山秀夫
脚本  瀬々敬久 久松真一
出演  佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々
    夏川結衣 緒形直人 窪田正孝
    坂口健太郎 椎名桔平 滝藤賢一
    奥田瑛二 仲村トオル 吉岡秀隆
    瑛太 永瀬正敏 三浦友和

64-ロクヨン- 前編」に続く後編。
未解決事件・通称“ロクヨン“の時効が近付いた平成14年、新たな誘拐事件が発生します。

前編であまり進展がなかった未解決事件の謎、後編は大きな動きがあり展開していきました。
事件に関わってそこから進めない人々の苦労が、豪華キャストそれぞれの迫真の演技で描かれていましたね。
傑作にするんだという製作陣の気合いを感じました。
でも、~映画史に残る傑作の誕生~とポスターにありましたが、それはちょっと疑問です。
そこまで言われたら「砂の器」くらいの完成度を期待してしまいますから・・・。



髙橋大輔「LOVE ON THE FLOOR」感想

髙橋大輔さんの舞台「ラブオンザフロア」を観てきました!
氷上じゃなく、床の上のダンスショーですよ。

素晴らしかったです。かっこよかったです!

今までフィギュアスケートは
競技会やアイスショーを何度も観てきましたが、
今回はまた全然違った魅力がありました。

ジャンプやスピンがなくても、床の上でも
こんなに踊れるってことを証明しましたね。
すごいと思いました。

様々なジャンルのダンスを
次々と盛りだくさんで本当に観てて楽しかったです。

出演者は他にフィギュア金メダリストの
クリスティ・ヤマグチ、メリル・デイビス&チャーリーホワイト。
そして演出&出演にプロダンサーのシェリル・バーク。
皆さんそれぞれ見せ場があって美しくて素敵でした。
セクシーで情熱的でテクニックもすごい。
もううっとり見とれてしまいましたよ。

客席も盛り上がってましたね~。
みんなヒャー♪フォー♪って大喝采でした。

大ちゃんは最近おとなしくなった気がしてましたが
そんなことなかったですね。
やっぱりスイッチが入ると全然違う。
久しぶりにノリノリのダンス&決めポーズが観れて良かったです。

最後に全員でJ Soul Brothersのランニングマンもありました。
さすがに皆さんその辺の人がするのとは別物でかっこいい。

それに「愛とは・・・」っていう詩のようなものを映像で語る
演出があったのですが、意外とと言ったら失礼ですが台詞が上手でしたね。
映画の冒頭のシーンのようでした。
もしかして俳優も出来るのでは?

フィギュアスケーターってすごいって改めて思いましたよ。
一流のアスリートであり、一流のアーティスト。
どちらかだけの人もいると思いますが、
髙橋大輔さんは間違いなく両方じゃないでしょうか。

カーテンコールの後、
(ラッキーなことにこの日だけ)
髙橋大輔さんの舞台挨拶がありました。

やっと慣れたのに明日で最後なのは寂しい、って言ってました。
最終日はきっと盛り上がるでしょうね。

今後はもっと色々なジャンルのダンスを勉強したい。
その先に何があるか分からないけど、
趣味としてでもやりたいっていう言葉はみんな喜んでたと思います。

アイスショーももちろんですが、
床上のダンスショーも、また観たいです!

CM160708-211102002

「マネーモンスター」3

★★★☆
原題  MONEY MONSTER
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  95分
公開日 2016年6月10日
監督  ジョディ・フォスター
出演  ジョージ・クルーニー ジュリア・ロバーツ
    ジャック・オコンネル ドミニク・ウェスト
    カトリーナ・バルフ ジャンカルロ・エスポジート


株価予想などの財テク番組の放送中に突然拳銃を持った男が乱入します。男に脅されながら司会者(ジョージ・クルーニー)とディレクター(ジュリア・ロバーツ)らは必死に番組を続けるが…。

番組ジャックの背景には素人の投資家が大損をすることになった株暴落の謎があって、番組は放送を続けながら犯人の要求を受け情報を集めます。
生放送中の事件ということでハラハラする展開が面白かったです。緊迫感がありながらもノリのいい司会者のキャラクターもあってどこかユーモアのある明るい雰囲気も流れてました。
あまり重くないサスペンスとしてとても楽しく観れる感じ・・・と思ったのですが、ラストが私の期待とは異なっていてなんだかモヤモヤ。監督(ジョディ・フォスター)の伝えたいことは分かる気がしますが、中盤までは好きな展開だっただけに、個人的にそこだけ残念です。
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
うさぎと暮らしてます ❤ mao: male, 1 years old Netherlands Dwarf rabbit.
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村


映画ログ(これまで観た映画)
映画ログ・ナオミのラック
広告
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
画像の著作権について
このブログでは映画や本の画像の著作権を侵害しないため、すべてAmazonリンクを通して画像をお借りしています。
  • ライブドアブログ