「コロボックル絵物語」に続いてこちらも読んでみました。
今度は本格的に有川浩さんのコロボックル物語が始まった感じです。

佐藤さとるさんのコロボックル物語が世に出ている設定でのお話。
あのお話が本当だったんだというようなワクワク感があり、まるで自分が体験してるような気持ちで読みました。子供の頃のように夢中で。
とても面白くていっきに読み終わりました。

ただ話が上手くでき過ぎていている分、元のシリーズほどリアリティはなかったですね。
佐藤さとるさんの物語は本当にノンフィクションみたいなファンタジーでしたから。

それでもコロボックル物語の続きが 読めたのですから感謝です。
何より佐藤さとるさんが喜んでらっしゃるなら何も言えません。 
また続きが読みたいです!