佐藤さとるさんの「コロボックル物語」シリーズからバトンをもらった有川浩さんの新しいコロボックルシリーズ第一弾。

コロボックル物語は子供の頃に夢中で読んだシリーズです。
私の中では大切な宝物みたいなお話なので、違う人が書くなんてちょっと嫌だなという気持ちがあってずっと手に取らなかったのですが、とうとう気になって読んでしまいました。

村上勉さんの挿絵が見たいというのもその理由です。
お話はもちろんですが、この絵も大好きで大好きで。
この絵物語は絵本のように挿絵がいっぱいなのでそれは嬉しかったです。

肝心の本の内容ですが、あっという間に読み終わる簡単なストーリーであれこれ語るほどのものでもありません。
今回はコロボックルを知らない人に紹介するための本という感じ。 
有川さんも私と同じようにコロボックルファンだというのはすごく伝わってきました。

有川さん2作目の「だれもが知ってる小さな国」も続けて読んだのでそれは次の記事で。