せきしろX又吉直樹
たくさんの自由律俳句と散文を2人で交互に書いている本です。

図書館で予約した又吉さんの「火花」が2千人待ちくらいになっているので、先にこちらを借りてみました。
2年くらい回ってこない計算になるので買うべきかどうかと思って。
どんな文章を書くのか興味があって読んでみたのですが、なるほど面白かったです。

あるあるネタがいっぱいの俳句の方もいいのですが、私はエッセイの方が良かったですね。
内容は父親との話とか、元相方との少年時代の話とか、妄想とか。
読みやすい文章で、笑いもあって、独創性もあって、楽しかったです。
「火花」が読みたくなりました。

せきしろさんの方は…どうでしょう。普通と言ったら失礼かもしれませんが、可もなく不可も無くな感じでした。